体内酵素の種類、仕組みについて


健康の維持や美容といった目的から、人間の体内で多様な活動を日々行っている「酵素」がたびたびクローズアップされるようになりました。

ところで人体で発見されてきた酵素は、驚くほどの種類に分類されています。それらの性質は少しずつ異なります。そのすべてを覚えることは無理ですが、健康や美容を本格的に究めたいのであれば、酵素に関して多少は詳しくなる必要があるでしょう。この場では体内酵素の基本知識をご説明します。


体内酵素の主な種類について

酵素は、現在判明しているものだけでも数千種類が確認されています。性質や役割という基準で「消化酵素」と「代謝酵素」と「食物酵素」に分けることが可能ですね。


・消化酵素
飲食物の消化の際に重要な役割を果たす酵素を総称した言葉です。

・代謝酵素
飲食物から摂り込まれる栄養分を、体内に無数に存在する細胞に還元する役割を果たす酵素を総称した言葉です。

・食物酵素
名前の通り尾、食物に含まれる酵素全般を指します。

※ちなみにこの2種類の酵素、最初からはっきりと分かれているわけではありません。同じ酵素(「潜在酵素」と呼ばれています)からそれぞれに分かれるのです。酵素の補給や、体内での生成がじゅうぶんであれば、消化酵素と代謝酵素の分量や機能はバランスよく保たれます。


消化酵素の概要

タンパク質・デンプン・脂質といった栄養分を、分解するために活躍する酵素です。この分解が行われないと、体内への吸収に大きな支障をきたしてしまいます。現代人は暴飲暴食を繰り返すことが多いですが、そのたびに消化酵素が浪費されることになります。

消化酵素は、胃液・腸液・膵液といった人体から分泌される消化液に含まれていますが、食物から補給することも可能です。サプリメントでの補給も可能で、一部の国々では日本より早くからサプリの活用が進められていました。


代謝酵素の概要

栄養素をあらゆる細胞に送り届け、新陳代謝を促します。代謝酵素がじゅうぶんに働かなくなると、免疫力・自然治癒力がうまく機能しなくなったりホルモンバランスが崩れたりする恐れが強まります。代謝酵素不足が慢性的に続くと、一時的な健康の悪化を招くだけではなく、本格的な老化が早まる原因になります。
代謝酵素は、運動や脳の活動、呼吸・排泄といった人体の主な活動にも大きな影響を与えています


食物酵素の概要

食材から摂り込まれた食物酵素は、体内の消化を助けるほか血液の循環を改善する効果も持っています。消化酵素・代謝酵素は年を取ると減っていきますが、食物酵素の補給でカバーすることは不可能ではありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet