抗酸化酵素が含まれているサプリメントは効果があるのか?

生命維持のために酵素は不可欠です。酵素の中で近年注目を集め出した酵素の中に、抗酸化酵素があります。

抗酸化酵素は健康に良いということで、さまざまな効果を謳い抗酸化酵素が含まれているサプリメントが発売されています。しかし、これらのサプリメントは果たして効果があるのでしょうか。

ここでは、活性酸素、抗酸化酵素の働き、抗酸化酵素が含まれているサプリメントの効果などをご紹介します。

活性酸素と抗酸化酵素の働き

呼吸により体内に取り込まれた酸素の一部は、他の物質と反応しやすい活性酸素に変化します。活性酸素は、細胞伝達物質や免疫機能としての働きがあります。しかし、活性酸素が過剰に産生されると、正常の細胞を攻撃し始めます。それが癌や動脈硬化、老化を早めたりするなどの原因になっているといわれています。

そこで注目されているのが、抗酸化酵素です。

抗酸化酵素は、活性酸素の産生の抑制、活性酸素に攻撃され受けたダメージを修復する作用があると考えられています。

抗酸化酵素を含むサプリメントの効果は実証されていない

近年、手軽に栄養を補給できるサプリメントを飲む人が増えています。栄養を補充するサプリメントや、ある特定の病気の予防効果があることを謳っているサプリメントなど、さまざまなサプリメントがあります。

抗酸化酵素が含まれているサプリメントもありますが、その効果ははっきりとは認められていません。

抗酸化物質が含まれている野菜や果物は、病気の予防になるといわれていまし、抗酸化酵素が不足したら、生体機能に支障がでたり、病気をなったりするといわれています。しかし、そのことがサプリメントと利用して抗酸化酵素を摂ると体に良い、ということにはならないのです。

抗酸化酵素が含まれているサプリメントはむしろ体に悪い可能性がある

食事から摂ることができる抗酸化物質の摂取量が、十分なのか不足しているのかもまだわかりません。普通に、野菜や果物を食べていれば十分な量の抗酸化物質を摂ることができていて、サプリメントで補充する必要はない可能性があります。

また、活性酸素を除去することが本当に有益なことなのかということも、まだはっきりとはわかっていません。もしかしたら、活性酸素を除去するデメリットがメリットよりも大きい可能性すらあるのです。

実際、抗酸化物質を必要以上に摂ることは有害作用があるという報告があります。

サプリメントを飲もうとする前に、その効果をしっかりと確認してから飲むようにすることをおすすめします。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet