ダイエットに効果的な食生活

皆さんがダイエットの際に気にするのは、食生活だと思います。

ダイエットの時に、何を心がけて口にするものや、量を決めていますか?

実際、ダイエット成功の鍵を握っているのは、食生活と考えても、間違いではありません。

この記事では、ダイエットに効果的な食生活と、多くの方が陥っている、NGな食生活を紹介していきます。

 食事制限するのは、逆効果!?

ダイエット中に皆さんが良くしているであろう食事制限。

実は、過度にしすぎると、逆効果なんです。

確かに、一時的には体重が減ります。

しかし、後々リバウンドし、さらに、太りやすくしてしまうんです。

なぜかというと、食事制限することで、体が、たまにしか栄養が入ってこないと思い、入ってきた栄養を全て脂肪として蓄えてしまうんです。

まず、太る理由としては、摂取カロリーが消費カロリーより少し下回っていれば、痩せるんです。

そこで、口にするものや、順番などに鍵があります。

避けるべき食べ物と、食べるべき食べ物って何?

避けるべき食べ物は、ズバリ、糖質、脂質です。

糖質、脂質と聞いて、ピンとくると思います。

わかりやすいものだと、砂糖がたっぷり使われているケーキや菓子パン、ジュースです。

意外なものだと、フルーツや牛乳です。

これらは、摂取しすぎるとすぐに脂質に変わっていきます。

ケーキのようなお菓子は、極力控え、食べたいときは、半分だけ食べるようにしましょう。

フルーツや牛乳も、糖質、脂質は多いですが、お菓子と違って栄養価も高いです。

なので、食べる頻度を抑える必要はありませんが、食べる量を抑えましょう。

例えば、牛乳は一日一杯だけ。

フルーツも、みかんなら1玉、いちごなら5粒、りんごなら半玉というように、大きさによって量を調整しましょう。

続いて、積極的に摂取したい食べ物です。

それは、たんぱく質、ビタミン、ミネラルです。

たんぱく質は、お肉や魚介類、大豆、卵、乳製品に多く含まれています。

ここでも、注意すべき点があります。

先ほど、乳製品には脂質が多く含まれている、ということはお伝えしましたが、お肉や大豆製品も、選ぶものを間違えたら、脂肪になってしまいます。

例えばお肉。

サシがたくさん入っている脂のたくさんのったお肉。

これは、脂肪の素です。

なので、鶏胸肉や赤身肉など、脂身の少ないものを選びましょう。

続いて大豆。

大豆の中でもお豆腐や納豆は積極的に食べたほうが良いですが、黒豆や金時豆のような砂糖が使われた食品は、避けましょう。

野菜を最初に食べたほうが良いのはウソ!?

実は、野菜よりも、お肉を先に食べたほうが良いんです。

食事をする上で気をつけるポイントは、いかに血糖値の上昇を緩やかにできるかです。

そうすることで、糖質を脂質に変えて蓄える働きをする、インスリンというホルモンが過剰に分泌されることを、防ぐことができます。

なので、食事をするときは、血糖値の急激な上昇を避けることを意識して、順番を考えてみてください。

おわりに

食生活を少し気をつけるだけでも、1週間後には、体に変化が現れてくると思います。

大切なことは、毎日継続することです。

また、正しい食生活をすることは、ダイエット中に起こりがちな、便秘や肌荒れを防ぐ効果もあります。

これを機に、痩せやすい体を手に入れましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加 Tweet